• トップ /
  • 中古一戸建てのリフォーム

リフォームをしてから住む場合

中古一戸建てを購入して、リフォームをしてから住むという人は増えているようです。その際には、選び方のコツを知っておくと、後悔しない不動産選びができるでしょう。中古一戸建てを購入して、リフォームをする場合、新築を購入するケースに比べると、総合的な費用を抑えることができるというのが1つのメリットです。それだけではなく、エリアの選択肢が広がるというメリットもあります。一戸建ての場合には土地が重要になりますが、基本的には早い者勝ちなので、良い土地ほど先に売れてしまう傾向があります。中古一戸建ての選び方としては、まずはインターネットで検索をすることがおすすめです。さまざまな物件を比較することが重要になります。不動産業者の選び方についても、インターネットなどを利用してコツをつかんでおきましょう。仲介手数料が無料もしくは半額というキャンペーンをやっている業者は、購入者にとってはメリットが大きいです。リフォームをしてから住む場合には、住宅ローンで一緒に借りることができます。リフォームローンを選ぶという手もありますが、購入と同時にリフォームをするのであれば、住宅ローンで一緒に借りることのほうがメリットが大きいでしょう。

↑PAGE TOP